ねずみ駆除の方法~毒エサの上手い使い方~

初期段階ならばねずみ駆除は難しくありません 初期段階ならばねずみ駆除は難しくありません

毒エサを食べさせてねずみ駆除

ねずみ

ねずみ駆除に毒エサは大変強力な効果を発揮します。しかし、置き場所や仕掛け方など使い方を誤ると、効果を発揮することは難しいです。そのため、正しい使い方を覚え、確実なねずみ駆除を行なえるようにしましょう。

毒エサを置く前にねずみの好物を知ろう

ねずみの好きなものってどんなものがありますか?
よく漫画やアニメではチーズが好物とされていますが、実際には住み着いている環境により好みが大きく変化します。そして、雑食性なので肉も野菜も穀物も区別なく食べられます。特に好むのは穀物や甘いものです。なぜかというと、ねずみは新陳代謝が活発であり、エネルギー補給を行なうために糖分の多いものを好むのが理由です。また、珍しいものだとサプリメントや石鹸を齧られたという被害報告が多く、他にもカーネーションなどの花も食べられてしまいます。よって、食べ物だけを警戒すればよいというわけではないのです。

毒エサの種類と使い方

毒エサは、ただ仕掛ければ効果を発揮するわけではありません。ねずみは味覚が鋭く、味の変化を完治して危険だと判断する能力があるからです。そのため、毒エサを使う場合は普通の食事と混ぜて使うのが良いとされています。なお、毒エサの形状は固形・粒状・粉末などがあるので、上手く使い分けましょう。

毒エサに含まれている成分は殺傷力が高い

毒エサの効果は、成分によって異なります。主に使われているクマリンはビタミンK(タンパク質の活性化に必要な栄養素)の働きが止まる作用があります。また、急性毒であるリン化亜鉛は摂取することで呼吸困難を起こさせる作用があるなど、殺傷力が高いです。しかし、これら毒エサは赤ん坊やペットがうっかり食べてしまう可能性もあり、最悪の事態が起こる可能性もあります。よって、設置場所には細心の注意をはらいましょう。

TOPボタン