ねずみ駆除の後~毒エサで駆除した後の処理~

初期段階ならばねずみ駆除は難しくありません 初期段階ならばねずみ駆除は難しくありません

毒エサを使ったねずみ駆除後の処分について

女性

しかし、ねずみの処分を素手で行なうと細菌感染する恐れがあります。ここでは、正しいねずみの処分方法を紹介します。

ねずみ駆除後の処分

直接手で触れないようにする
ねずみの死骸には細菌や寄生虫が住み着いていることがあります。ですので、素手で触るのは絶対に避けましょう。また、死骸の周囲には最近が飛散している可能性もあるので、マスクもなしに近寄るのは得策とはいえません。ねずみを処分する時は使い捨てのマスク、手袋を装着し、死骸を回収しましょう。なお、死骸のあった場所はアルコールやエタノールなどで綺麗に消毒すれば、細菌の発生を防ぐことができます。また、ノミ・ダニの繁殖を防ぐためには、死骸のあった周囲に殺虫スプレーを噴霧すれば害虫の拡散を予防できます。
新聞紙でくるめて燃えるゴミへ
上記したように、ねずみに触れずに死骸を回収することは大事です。しかし、ネズミの死骸はこの時ただゴミ袋に入れればよいというわけではありません。まず、新聞紙やビニール袋で包み、密閉しましょう。そうすることで死骸に残っている害虫や細菌の拡散を防げます。そして、その後にゴミ袋に入れて処分します。基本的にネズミの死骸は一般ごみとして処分できます。なお、穴を掘って埋葬するというのはおすすめできません。動物が掘り返してしまう可能性もある他、不衛生だからです。

ねずみ駆除後は対策を行なう事も大切

毒エサなどでねずみ駆除を行なった後は、再びねずみが侵入してこないように対策を練りましょう。前述したように、ねずみの侵入口を塞ぐのも大事ですが、家を綺麗に掃除してネズミの餌や巣の材料を無くすということはもっと大事です。これらがないことにより、ねずみにとって住みにくい環境になるため、ネズミが家に寄り付かなくなります。

TOPボタン